親になった場合には、自分の子供にしかできない教育があります。

子どものために良い教育をしたいのなら

Navigation

柔軟な親の考え方と子供の教育

子どものために良い教育をしたいのなら 親になった場合には、自分の子供にしかできない教育があります。教え育てるという意味ですが、何故か最近は良い大学に行き、良い会社に就職させるのが教え育てることと勘違いしている部分があります。日本の社会体制がそうなっているので、その目標は認めるしかないのですが、他にも教え育てるべきことはたくさんあります。それらが出来なかったので、何も知らずに社会に出る人も多く、社会で苦労することになった人も多くいます。自分を含めて、まわりを見てみると、その事はよくわかります。

たぶんそれは、親にその能力も考えも、体験も、気づきさえもなかったということでもあります。そうするとその家族内では得られない刺激が必要だったのかもしれません。それが外部での学習うということになります。外部での学習や教育の施設はたくさんありますので、できるだけ親ができない部分を補強してくれるようなところを探して、学習の環境を整える必要があります。そのためにも親の柔軟な考え方が必要になります。固定観念だけに縛られていると時代にあった教育が受けられないかもしれません。


Copyright(c) 2018 子どものために良い教育をしたいのなら All Rights Reserved.